Register now !    Login
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
メインメニュー

クラブ概要


・クラブ事務所
・生い立ち
・今までに行ってきた事(主なこと)
・現在行っている事
・これからやりたい事
・会費
・運営

クラブ事務所

  所在地  260−0015 千葉市中央区富士見 2-21-8 マルエイ第8ビル504
  電 話  043−225−6632
  Fax   043−227−3441
  Eメール chiba-lc@gaea.ocn.ne.jp

生い立ち

  昭和38年(1963年)3月28日 結成式(設立順位・日本557番目)
     東京ライオンズクラブのスポンサー〈親クラブ)により千葉県で第4番
     目、県都千葉市では最初のライオンズクラブとして、有志16名により
     クラブ結成をすることになり、集まった記念すべき日のことです。
  昭和38年(1963年)10月26日 認証状伝達式
     ライオンズクラブ国際協会より正式な一つの独立したライオンズクラブ
     として、認証状が伝達され、その記念式典と記念事業を行った日です。
     67名のメンバーと共に千葉ライオンズクラブが誕生した日です。

  最初の主な役員(設立に努力した人たち)
     会長 三輪清三  千葉大学医学部教授
     幹事 榎 智光 小中台歯科診療所長
     会計 高橋 進 高橋会計事務所長

     第一副会長  渡辺一太郎 千葉県副知事
     第二副会長  霜 一男  霜産婦人科医院長
     第三副会長  上里美須丸 県立中央図書館長
     テールツイスター  上野正剛 パリー美容女学校副校長
     ライオンテーマー  中村勝和 真言宗智光院代表役員
     認証状伝達式委員長 和田薙人 医療法人和田外科病院副院長

今までに行ってきた事(主なもの)

  ボーイスカウト・ガールスカウトの育成資金く設立時)
  盲人福祉事業資金・肢体不自由児厚生資金(設立時)
  交通警察整備資金(設立時)
  血液輸送車の寄贈(5周年記念)
  救急車の寄贈(5周年記念・市内3クラブ合同)
  県立美術館・市民会館へ植樹(10周年記念)
  市青少年補導センター資料室整備資金(15周年記念)
  高校生作文コンクール『親と子』を実施(20周年記念)
  市内高校生に奨学金制度(25周年記念)
  日本網膜色素変性症協会(JRPS)の設立基金(30周年記念)
  カンボジア・バクー小学校に校舎一棟を贈呈(35周年記念)

現在行っている事

  日本網膜色素変性症協会(JRPS)と世界網膜会議の支援
  千葉県アイバンク協会の支援
  カンボジアに小学校を建設するための支援など
  小学校におけるビオトープ活動の普及と支援
  親と子のマウンテンバイク大会の支援
  身障者ビームライフル大会の支援
  日赤の献血活動の支援
  県立聾・盲学佼での音楽会開催
  海外からの短期派遣学生の受け入れ

これからやりたい事

  青少年の健全育成関係の事業に重点を置き、支援することです。

会費

  クラブの運営やボランティア活動の費用は、主として会員からの会費と寄附で賄われ
  ています・会費の納入は、会員の基本的な義務です。
  寄附は会員やその家族などに嬉しいこと、良いこと、おめでたいこと、記念すべきこ
  となどがあったとき、自ら進んでお金をクラブや支援先を指名して勒僻することです。

  入会金  50,000円  入会のとき・一度だけ必要です。
  年会費 150,000円  7月〜6月の1年間分の会費です。
  特別費  20,000円  納涼・哨泪垢里燭瓩瞭段摸祺馮颪任后

運営

  ライオンズクラブの1年度は毎年7月1日に始まり翌年の6月30日に終わります。
  役員の任期は原則として1年間です。毎年4月に選挙を行い、前会長以外のすべての役員を
  新たに決めます。

  組織図(概要)

プリンタ出力用画面 友達に伝える


投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
Powered by XOOPS 2.0 © 2001-2003 The XOOPS Project  |  Design by 7dana.com